Time passed me by

1




め       
 『そういう瞳なんだ』――――。

 “彼”はそう言って、

 いつもと同じように笑って見せた。

 その瞬間、“彼女”の時間は、

 動き始めた…………。




 野上彩(のがみ あや)は、買い物はあまり好きではなかったが、その噴水だけは何故か気に入っていた。

校門を出て暫く歩くと、緑蘭通りという小さなショッピングセンターに着く。

大抵のものはここで揃う、なかなか洒落た店が多い所だ。

通りというだけあって、メインストリートは入り口から一直線に伸びている。

中央にちょっとした広場があり、小さな噴水が憩いの場をサラサラと盛り上げていた。

彩の中でその場所は、心の憩いの場だった。

そこにいると、落ち着くのだ。一人で何時間も座って流水に耳を傾け、人の流れに目を向けているのが、

彩はとても好きだった。

けれども、何かが足りない。

何が足りないのか。心の隅でいつも引っ掛かっている。何かが足りない、と――。

分からないまま、今日も彼女はささやかな幸せを満喫する為に、目指す場所へ足を速めていた。

水の音に交じって、微かに音楽が流れているのに気づいたのは、

広場に人だかりが出来ているのが見えたときである。

いつもと違う雰囲気に、彩は僅かに眉をひそめた。

近づくにつれて、かなりの人々が集まっているのが分かった。

そしてその視線の先に、『彼』はいた。




……アーケードから漏れる白い陽の中で、フワリと髪が揺れる。

汗の結晶が頬を伝い、それが光に弾ける。

心の底から楽しそうに嬉しそうに、『彼』は踊っていた。

彩は言葉を忘れて、目を見開いたまま彼に魅入っていた 。

例えようのない感情が彩を包んだ――――。

音楽が止まり、拍手の中『彼』が一礼し、最後の一人がその場を去っても、まだ彩は立ち尽くしていた。

首にタオルを巻き付けて、青年はスポーツドリンクを一気に飲み干す。

切れ長の澄んだ瞳が、彩を映した。

「……やあ」

片手の缶を軽く上げ、彼は人懐こい笑みをこぼした。

思わず、彩もつられて手を上げる。それから彩はそっと青年に歩み寄って、ベンチを指さした。

「座ってもいい?」

「ああ、どうぞ」

ラジカセを無造作にバッグに突っ込んで、彼は彩の隣にどさりと腰を下ろした。

「ここが好きなの?」

前を見たまま、青年は彩に聞いた。

「ここからいろんな人を見るのが好きなの」

夏休みに入っているとあって、若者の集団が目を引く。

暑さをものともせず、赤銅色の肌を剥き出しにして、力強く歩いていく少年達。

華やかな模様のシャツを着た、小麦色の脚を弾ませる少女達。

様々な表情と様々な人生を垣間見ながら、彩と青年の間にサラサラと流れる時間が過ぎていった。

「俺は、毎年夏にここで踊ってるんだ」

青年の精悍な横顔は陽に映えて、とても美しい。軽く脚を組んで肘をついたまま、真っすぐに前を見すえていた。

「誰かを待ってるのかい?」

「ううん。ただ、ここが好きなだけ」

淡々とした会話が続く。

彩は、こんなに初対面の相手と話すのは初めてだった。元々人と話すこと自体、あまり得意ではないのだ。

だが、彼とはずっと以前からの知り合いのように、ごく自然に会話ができている。

不意に、アクエリアスの缶が彩の目の前に突き出された。

「飲める?」

隣の彼がにっこりと優しい笑顔を見せる。

「ごめんなさい。飲めないの」

「……いいよ、気にしないで」

素直な謝辞に、素直な答えが返る。

サラサラと水が流れ、橙色に輝いた。

「さてと、もう帰ろうか。今日はもう十分に踊ったし、陽も暮れた」

ショータイムはおしまい、と片目をつぶって青年は立ち上がった。

「あっ……あのっ」

彩は慌てて声をかける。何故か、急に引き留めたくなって、青年を追った。

大きなバッグがクルリと回った。

「何?」

「あ……明日もここに来る?」

しどろもどろになって、彩は思わず下を向いた。それから、そうっと上目使いで青年を見上げた。



――フワリ、と音がした。

彩にはそんな風に視えた。

包みこむように、『彼』は笑った……。



「ああ。明日も明後日も、ここで踊ってる」

彩はドキリとした。彼の笑顔にではなく、その奥にある『想い』に。

(ズット、オドッテル)

「じゃあ、また明日」

いたずらっぽく微笑んで、青年は後ろ手を振った。

彩は彼の姿が見えなくなるまで、その場に立ち尽くしていた。

(――――ゴメンナサイ)

「…………!?」

一瞬駆け抜けた奇妙な感情に、彩は反射的に振り返った。

夕暮れの通りを何事もなく、人々が家路に急いでいる。

「何…………?」

押さえようのない不安に、彩は大きく首を振る。

セミの声が、次第に小さくなっていった。









戻る 続きを読む
戻る 進む