“坊ちゃん”

〜18000人目の悪党『ゆう』様御来訪記念作品〜







私の名はシュウ。

交易商を営んでいたが、今はわけあってユニコーン軍のリーダーの元で軍師のような役割を務めている。

師には破門されたが、同じ弟子だったアップルがこちらで共に動いてくれるので、戦略面は何も問題ない。

戦力にしても、ビクトール・フリックを始め数多くの仲間が付いている為、

このまま王都に乗り込むのには何の問題もない。

先程王都に潜入する先発メンバーを決定した。

会議が思いのほかモメたのは、私がある少年の参戦に異議を唱えたからだ。

その少年はリーダーがバナーの村から連れてきた。

一目で分かる育ちのよさ、そして身体から溢れ出すカリスマ性。

付き人のような男はその少年を“坊ちゃん”と呼んでいた。

リーダーと年も近いこの“坊ちゃん”は、たちまちユニコーン軍に馴染み、

屈託ない笑顔と無邪気な話術であっという間にリーダーの片腕的存在になっていた。

勿論戦闘能力は申し分ない。リーダーと2人での協力攻撃にはどんな敵も敵わないだろう。

だが、それでも私は彼をリーダーと共に行動させるのは賛成しなかった。

軍の頭は一つで良い。あの少年はリーダーに勝るとも劣らないカリスマ性と天性の才能を持っている。

このままだと彼はリーダーを凌駕する存在になりかねない。

実際、今のユニコーン軍はリーダーと“坊ちゃん”で成り立っているようなものだ。



会議場から出てきた私は、疲れきっていた。

結局私の意見とリーダーの意見が添わずに、時間を置いて再会議という結果になったのだ。

少し外の空気を吸いたかったので、私は中庭の噴水に腰掛けた。

何故私がこうも“坊ちゃん”の参戦を反対しているか、リーダーには本当の理由を言っていない。

リーダーは“坊ちゃん”に全く嫉妬することなく、“坊ちゃん”を信じ、頼っている。

そんなリーダーに『“坊ちゃん”は貴方の存在を脅かす』など、言えるわけがない。

“坊ちゃん”にはその気はないだろうが、彼の持って生まれたものは、遠からず隠しきれずに現れることだろう。

それにしてもあの“坊ちゃん”は何者なのだろうか。

あの身のこなしはただの戦士ではない。もっと大きな何かを成し遂げているような気がしてならない。

何にしても“坊ちゃん”をこれ以上ユニコーン軍に置いておくわけにはいかないのだ。

思わず溜息を漏らしそうになって私は慌てて軽く首を振った。

立場上、私がこのような憂いた表情をするのは好ましくない。

多くの兵が、人々が、私たちを見守っているのだから。

次の会議でどのように“坊ちゃん”の事を切り出そうか考えていた私の耳に、遠慮がちな声が聞こえた。

「シュウさん」

振りかえると、右手の通路から“坊ちゃん”が姿を見せたところだった。

無言の私に“坊ちゃん”はゆっくりと近づいて来た。

私は自分の右側を差し、座るように指示したが、“坊ちゃん”は私の正面に立った。

「会議の事、聞きました。シュウさんは僕が参戦するのに反対なんですね」

穏やかな口調だった。

きっとビクトール辺りが話したのだろうと、私はチラリと熊男の顔を思い浮かべていた。

「僕が戦力にならないって事でしょうか?」

「いや、違う。君は戦力としては申し分ない。戦力だけなら私の方から推薦したいくらいだよ」

私は正直に答えた。勿論“坊ちゃん”は不思議そうだ。

「じゃあ、僕がどこの誰か分からないから? スパイだと思われてるからですか?」

「それも違う」

私は軽く笑って見せた。

“坊ちゃん”のこの性格は作られたものではない。

そんな事は連れてきたリーダーが一番よく知っているだろう。

彼の人を選ぶ正しさに私は全面的に信頼を寄せている。

ますます分からないと言った風な“坊ちゃん”に、私はこの際少し聞いてみることにした。

「“坊ちゃん”……そもそも君は何者なんだい?

君の物腰、身のこなし、どう見ても普通の村人には見えない。どうしてバナーの村に?」

“坊ちゃん”は黙ってしまった。話したくないという事だろう。

「別に話したくないなら構わない。多くの人が多くの理由を持っている。

君がうちのリーダーと共に戦う気になってくれているのは嬉しい事だが、私が反対している理由は、

それとは別の事だからね」

“坊ちゃん”はまっすぐに私を見た。

『話したいけど話せない』というようなその眼差しを見て、嘘の付けない瞳だと思わず笑ってしまった。

「さて、会議が始まる前に一仕事片付けてこなくてはならない。私はこれで失礼するよ」

立ち上がった私を尚も見たまま、“坊ちゃん”はポツリと呟いた。

「僕は、もう一度この地の人々を助けたいだけです。本当に、それだけなんです」

「もう一度?」

以前にも? と聞こうとして、たちまち私はその言葉の意味を捕らえた。

「“坊ちゃん”……君は、テオ・マクドールの……!?」

“坊ちゃん”は軽く微笑んだだけだった。

何て事だ、この少年は、門の紋章戦争で師と共に戦った、あの少年だったのか。

その一言で何もかも納得してしまう、戦力・性格・性質。

終戦後ぷっつりと話を聞かなくなっていたと思っていたら、何の事はない、目の前にいるんじゃないか。

“坊ちゃん”が口を開いた。

「僕はマッシュと同様に、シュウさんの事も尊敬してます。

ここに来て、貴方がマッシュの弟子だったと聞いて、とても懐かしくて嬉しかった」

「私はもう弟子じゃない、破門されているからね」

「それでも、僕は貴方のこと、とても好きですよ」

「……ありがとう」

素直に礼の言葉が口をついて出た。それほど“坊ちゃん”は自然だった。

「……それじゃ」

何故か急にこの場を逃げ出したくなった。

足早に歩きながら、私は身体中が震えてくるのを感じていた。

“坊ちゃん”の視線を背中に受けたまま、私は自室に戻った。



……そしてその後再び開かれた会議では、満場一致で“坊ちゃん”の参戦が決定された。








その後、シュウと“坊ちゃん”がどういう関係になったかというと。

「えー、それでシュウさんは僕の事、参戦させたくなかったんですか?」

“坊ちゃん”が呆れたような声でシュウを見下ろしている。

次の戦いに備えての打ち合わせが終わった後、最後に残った“坊ちゃん”がシュウに理由を聞いてきた。

リーダーには言わないという約束で答えたシュウに、“坊ちゃん”はやれやれといった様子だ。

「僕はリーダーの事大好きだし、このユニコーン軍をまとめられるのは彼しかいないと思ってるから、

そんな気はありませんよ」

「分かっているさ。でも、天性のものとは自然に周囲が指示するものだよ。

私だってこれでも色々考えたんだからね」

渋い表情のシュウに、“坊ちゃん”はスネたように口を尖らせた。

「でも不本意だなぁ、僕は。

あーあ、シュウさんって凄くリーダーの事好きなんですね、

だから僕が『リーダー』になるのはイヤだったんだ」

「そ……そういうわけじゃないって言ってるだろう。

私はただ、君の能力を正当に評価して決めていただけで……」

「いいですよ、別にリーダーが1番でも。でなきゃ、シュウさんがユニコーン軍にいる理由がないですもんね」

「何を言ってるんだ、私がここにいるのはだね……」

「はいはい、もういいですってば。

どうせポッと出てきた素性を隠した子供の言う事なんて信用されてませんって」

「だから違うと言ってるだろうッ!」

「じゃあ、僕が嫌いで意地悪したいんだ?」

「〜〜〜〜〜ッッ!」



……どうやら完全にシュウは“坊ちゃん”に手玉に取られているらしい。





“坊ちゃん”相手に大苦戦の(笑)シュウ様♪

キリバンリクエストのゆう様御本人から頂戴致しました
幻想水滸伝のシュウ様です♪
“坊ちゃん”相手に大苦戦のシュウ様の未来を
暗示しているかのよーな素敵なイラスト、ありがとうございました♪



悪党の一言


……玉砕(爆)
土下座ですわ、ホンマに(^_^;)

と、言うわけで、キリバン企画18000Hit記念に
ゲッターのゆう様からリクエスト頂いた
『幻想水滸伝のイイ性格の坊ちゃんとシュウのギャグな会話』です……。

まず土下座。私は2の坊ちゃんのバナーイベントを
見ていません。
そして、
1をプレイしていません。
更にぶっちゃけて言うと、今、手元に1も2もないんです……。
……それでこれ書いたんだから、エエ加減恐ろしくアホよのぉ……(-_-;)
つまり、私は坊ちゃんがどのような経緯でユニコーン軍に来たかも
知らないし、そもそもどういう位置付けで参戦してるかも知らないのです。
そして坊ちゃんがどういう話し方をしてるのかも知らないのです。
ので、これは
『もしも坊ちゃんが身分不明で参戦していたら・inパラレルワールド』
みたいな話になってるかと思います……。
ゆう様……こんだけ待たしといてこの程度の出来、
ホンッットに土下座です……m(。_。;))m

幻想水滸伝って主人公のデフォルメの名前知らないので、
ホントに1の主人公は『坊ちゃん』、2の主人公は『リーダー』で
通してしまいました(笑)
私は公言通り、既存の作品を書くのはあまり得意ではありません。
そういう意味ではリクエスト頂かなければ書かない分野の作品なので、
本当にありがたかったし勉強になりました。

ゆう様、ありがとうございました♪
これに懲りずにまたリクエスト下さいましたら嬉しいです。
またの御来訪を御待ちしております。
小説書くのホントに久しぶりだったんで本人メチャクチャ楽しかったです。
やっぱし私、書くのが好きだなぁとしみじみ思ってしまいました。

2001.10.22  綾野 緑 拝







『Novels Main』に戻る
『Novels Main』に戻る