レスターのお正月





 西暦2000年を迎えたNY。

 町中がこぞってニューイヤーパーティーにドンチャンと大騒ぎしているころ、

自由の女神は今年最初の朝日を浴びて神々しく輝いていた。

 高く掲げられた右手の上に、巨体と細身の影が二つ。

無数の灯りが眼下を埋め尽くす中、細身の影がのんびりと動いた。

「いやぁ、今年は特に盛況ですねぇ。ほんと、賑やかだなぁ。

 シンシン、後でちょっとだけあそこに行ってみましょうねー」

「嫌っつっても行くんだろーが。いちいちワザとらしくオレ様に許可を求めるなッ」

 吠えるような答えを返して、巨体の影が大きく伸びをした。

「ちっ、ぜーんぜん楽しくねぇっ!

おいレスターッ! ここ数十年人間喰ってねぇ! 喰いてぇったら喰いてぇぞこのヤロウ!」

「おやおや、そんなに威勢良くサカらないで下さいよー。相変わらず短気ですねぇ……シンシンは」

「シンシンシンシンうるせぇっ!!」

 ギャンギャン怒鳴っているのは、とある次元で黄金の魔獣と名高く悪名轟かせていた

“シンシン”こと“シャドゥラ”という、獣型の魔物だった。

 彼のいた次元では絶対無敵の最強を誇り、全てを殺し、叩きのめし、滅ぼしまくった極悪非道な……

はずの魔獣である。

 それが今2m近い長身とはいえ、自慢の黄金の髪以外は綺麗に人間の姿にさせられているのには、

隣りの細面な青年が100%関わっていた。

 青年の名はレスター。長い銀の髪と無機質な白皙の肌を持つ、推定年齢26前後の『時を渡る存在』である。

 おっとりのってりした超マイペースな性格が表の顔として成り立っており、

シャドゥラことシンシンと『血交いの契約(
ちかいのけいやく)』を交わした間柄であった。

 シャドゥラは事ある毎にレスターを滅ぼそうとあの手この手でくってかかるが、

レスターはのほほんとした態度のままのらりくらりとシャドゥラの記憶を操作しては、

二人の関係をかれこれ3000年近い付き合いにさせていた。

「おいレスター、こんなつまんねぇ所来たって、全然何の意味もねぇって。とっとと降りて“狩り”しようぜ」

 不満そうに鼻を鳴らして、シャドゥラは自由の女神の持つトーチの縁に腰掛けている。

 やたら動くと腹が減るだけなので、珍しくこの魔獣は大人しかった。

「そうですねぇ、あとちょっとだけ待って下さいねー」

 流れる銀髪を風に任せて、レスターはのんびりと佇んでいる。

一見すると白すぎる肌を除いては、普通の人間と全く変わらない。

 レスターとシャドゥラはさきほどまで別の次元の大陸で『仕事』を終えてきたばかりだった。

 彼らの表向きの仕事は喫茶店である。

120%レスターの趣味なのだが、嫌々付き合わされているシャドゥラからすれば、面倒くさいことこの上ない。

 銀髪の青年曰く『副業』なもう一つの稼業こそ、レスターの本業なのだと思っているのだから。

 レスターは時間と場所に関する依頼を受けてシャドゥラと共に時を渡る。

依頼を遂行し、報酬を受け取る。それがレスターのもう一つの顔である。

 その最も多い依頼が“狩り”つまり“殺し”だった。

が、レスターは殺しに関しては一種の固定美学を持っており、めったに引き受ける事がなかった。

 その為、不本意な契約でレスターと旅を共にしているシャドゥラは、

唯一の楽しみである人間の魂を喰う機会が久しい。

 レスターはぼんやりとしか見えないたたずまいで、眼下の街を見下ろしている。

1000年に一度訪れる今年の『ミレニアム』に対する人々の盛り上がり方はすさまじく、

気ままに時を渡っているレスターでさえこのお祭り騒ぎには注目せずにいられなかった。

「すごいですねぇ……皆さん夜通し起きてどんちゃん騒いでるのですから、

いやいや何とも……おもしろいですねぇ。

 1000年区切りってのはそんなに価値あるのでしょうかねぇ……」

「人間の価値観とやらもてめぇの思惑もどうでもいい。さっさと喰わせろ」

 しみじみ呟くレスターに思いっきりシャドゥラが不機嫌さ大爆発で唸り声をあげた。

 彼は人間の姿を取らされているだけでもイラついているため、魔獣の時よりも数倍怒りやすくなっている。

「全く、情緒ありませんねぇシンシンは。あんまりダダこねないで下さいよぉ、

この時期は“狩り”するのも制限がいるんですからね」

「そんなのてめぇの都合だろがっ!

 俺は別にいいんだぜ、お前をこの場で滅ぼす事だって簡単に出来るんだからな」

「ほおぉぉぉぉ……簡単に、ね。じゃあやって頂きましょっか?」

「ぐ……」

 目を細めたレスターに、魔獣はあからさまに黙り込んでしまった。

 レスターがシャドゥラと交わした『血交いの契約』は、シャドゥラにとって不利なこと極まりなかった。

 この契約が元で、シャドゥラはある程度の浮遊能力とある程度の殺傷能力以外、

ほとんどの本性をレスターに封印されているのである。

 今の力ではレスターに及ばないどころか、記憶操作されて更に不利な条件を飲まされるかもしれない。

 クスクス笑って、レスターがおもむろに人差し指を立てた。

「あのね、シンシン、いいこと教えてあげましょうか」

「てめぇの『いいこと』ってのに今までどれだけオレ様が痛い目見てると思ってやがるんだ馬鹿野郎。

もうその手にゃ乗らねぇぞ」

 そっぽを向いて完全にへそを曲げているシャドゥラに、レスターは何故か嬉しそうである。

 きっとこの銀の青年は内心で喜んでいるに違いない。

彼自慢の魔獣が、自分でも気づかないうちに人間的な喜怒哀楽を顕著に示すようになっていることを……。

「今度はホントにいいことなんですよ」

 フワリとシャドゥラの前に回り込んで、レスターは空中で浮遊したまま言った。

「今からある呪文を教えてあげます。これを唱えたら、人間の魂食べ放題ツアーに御招待しますよ」

「何だと……?」

 明らかにシャドゥラの興味が向いた。

 彼はもともと単純な性格をしていたため、これまでレスターの仕掛けた陰険極まりない罠に

散々はまりまくっている。

 ちなみに、レスターが今対峙しているシャドゥラは記憶操作されていたが、

先日『血交いの契約』自体がレスターの記憶操作であることを見破り、激しいドンパチをやらかしたあげく

再び記憶操作されてなすがままになっている。

 レスターはにっこりと、人間と会った時によく浮かべる『人懐こい』笑みをこぼした。

「はい、今から言う呪文を楽しそうに、大きな声で言えば言うほど、食べられる人間の魂が多くなりますよぉ。

どうです、騙されたと思ってやってみません?」

 この段階でとっくにレスターは騙しに入ってるのだが、シャドゥラは気づいていない。

 さすがにいきなり態度を改めるのは気恥ずかしいらしく、ぶっきらぼうに言い放っただけだった。

「教えろ、どんなんだ?」

「簡単ですよ、今から私が言う通りに繰り返して唱えて下さいね。なるべく楽しそうに、嬉しそうに」

「……いいぜ」

 頷いたシャドゥラに向かって、おもむろにレスターは小さく叫んだ。

「ハッピーニューイヤー!」

「は……はっぴぃーにゅーいやぁー!」

「ウィー・ラヴ・ジ・アース!」

「ういー……ういーらぶじああす!」

「イシラバ・スーハ・ノルテ・キイ!」

「い……いしらばすぅはっ、のるてきい!」

「もう一度繰り返して!」

「はぴいーにゅういやぁー、ういーらぶじああす! いしらばすぅはっ、のるてきい!」

「もおーっと楽しそうにー!」

「はぴいーにゅういやぁーっ、ういらぶじーあーーす、いしらばすぅはっ、のるてきい!」

 ……延々何度も繰り返され、シャドゥラは顔だけ一生懸命笑いながらもひたすらそれを叫び続けた。

 レスターは満足そうな表情の中に明らかな嘲笑を浮かべていたが、それも黄金の魔獣は気づかないほど、

いつのまにか集中して一心に呪文を唱えていた。

「はい、大変よくできましたー。はくしゅー」

 優に100回は越えた頃パチパチとレスターが手を叩くと、大きく息を荒げたシャドゥラは

大の字に寝転んでしまった。

「こ……これだけ唱えたんだ、それなりの魂喰わせるんだろうなぁ」

「はい、勿論。私は約束は守りますよ」

 嘘つけ、と反射的に言いそうになって、慌ててシャドゥラは口をつぐんだ。

これ以上何か言うと、レスターの気が変わりかねない。

 銀の髪が一際大きく揺れた。空中に静止していたままのレスターは、いきなりクルリと向きを変えて、

NYの街を前に小さく何か唱え始めた。

 時を渡る呪文だ。気づいたシャドゥラも側に並ぶ。

 目の前に光の塊が現れ、レスターはフイと中に消えた。

シャドゥラがそれに続き、光の塊は掻き消え、あとはNYの乱痴気騒ぎだけが残った。

 自由の女神にレスター達がいたのは、誰も気づく事がなかった。








 時の出口が見えたとき、シャドゥラの目に最初に入ったのは一面の星空だった。

 切れそうなくらい冷たい夜の満天の瞬きの下、レスターとシャドゥラは何やら高貴な人物が住んでいそうな、

きちんと手入れされた芝に囲まれた庭のど真ん中に立っていた。

「何だぁ? おい、どこだここは。こんな所で本当に人間の魂喰えるんだろうなぁ」

 疑い半分諦め半分といった所か、シャドゥラは片手を腰に当ててもう片方で美しい金髪を

わしゃわしゃともてあそんでいる。

 レスターは大袈裟な動きでチャキッと左腕を掲げた。

 腕に巻いてあるのは時計だ。時間を刻んでいるものだと、レスターが言っていたような気がする

という程度にしか黄金の魔獣には覚えが無い。

「ちっ……ちっ……ちっ……」

 何やら時間を計っているような口調で、レスターは呟いていたが、暫くしてにっこりとシャドゥラに笑いかけた。

「そろそろ始まりますよ」

「あ? 何がだよ」

「いいからいいから、ほら。あれ見て下さいシンシン」

 上を指差すレスターの後方で、重い鐘の音が響き始めた。

 続いて空に何やら一つ、また一つとほのかに輝く淡い光の球が出現する……あれは人間の魂だ!

「おおおおおっ!?」

 まさかの事態にシャドゥラの目の色が真っ赤に変わった。

 ……いや、魔獣のシャドゥラそのものがそこにいた。

 黄金の波打つ髪、尖った耳に赤い眼。4m優に超える巨体に、下半身を覆う獣の毛皮、そして尻尾……。

「何ッ!?」

 思わずレスターを振り返ったシャドゥラの目に、相変わらずのんびりゆったりのポンチな契約主の姿が映った。

「姿と飛翔能力だけ、元に戻しました。その代わり殺傷能力ゼロにしときましたから、

思う存分食べることだけに集中してくださいね♪」

「にゃろう……また中途半端な真似しやがって……」

 シャドゥラがベロリと舌なめずりをしてレスターを軽く睨み付ける。

 レスターは約束を守って、シャドゥラに人間の魂を提供してくれている。

これでシャドゥラが大人しくそれを受けねば、また『血交いの契約』を盾に

不利な状況を作られるに決まっているのだ。

「くれるっつーなら遠慮なくもらうぜ、暫くそこで風に吹かれてろっ」

 言うが早いか、シャドゥラはもう飛び出した。一気にグンと1000m近くの高さまで飛翔し、

ピタリと止まって大きく息を吸い込む。長い長い遠吠えが轟き渡った。

「ォォォォォォォォオオッッ!!」

 獣とも魔性ともつかないその声は一帯に響き、ますますシャドゥラの機嫌を良くした。

 こんなに気持ちよく身体を動かすのは久し振りなのだ。

「あんまり遠くに行っちゃ駄目ですよー」

 下では呑気にレスターがコートのポケットに手を突っ込んでこちらを見上げている。

 シャドゥラは勿論逃げられるものなら逃げたかったが、何はなくともまず魂だ。

 食べなくとも100年やそこらは持つが、やはり人間の魂に勝る御馳走はないのである。

「イクゼェェェッ!!」

 片っ端からシャドゥラは魂に食らいついた。

 それは極上の味だった。あらゆる負の感情のみ詰め込んだ、正にシャドゥラのために用意されているような魂だ。

 どこからかまた重い鐘の音が聞こえる。その度に魂は増えた。

 数えるほどから数え切れないほどに増える頃、黄金の魔獣はあちらに飛んでは一つ放り込み、

こちらに飛んでは掴みどり、すっかり食べることに夢中である。

 鐘は鳴り続け、魂は増え続ける。シャドゥラは嬉しさのあまり、時々クルリと回転しては大きく伸びをして、

瞬間的な移動を繰り返しては魂を喰らい続けた。

「あーあ、あんなにはしゃいじゃって、可愛いですねぇ。これだから飽きないんですよ、あのオモチャは」

 下では銀の髪の青年が満足そうにシャドゥラの動作に魅入っていた。

 久し振りに見る魔獣の姿だ。レスターはシャドゥラのその姿が好きだった。

 ニヤニヤしながらそれを眺め、レスターは思い出したように手を打った。

「いけないいけない、すっかり忘れる所でしたよ」

 パンと手を叩くと、ポンと空間から何かが現れた。ノート型のハンディパソコンである。

「ええとー……」

 空にそれを浮かせたままレスターはパチンをフタをあけ、何やら考え込んでいる。

そうして、誰に向かってか話しかけた。

「すみませーん、使い方忘れたので手だけ変わってもらえませんかぁ?」

 両手をキーボードの上に構えると、突如それが流れるように画面に文字を打ち込み始めた。

「あ、そっか。こうでしたっけね。ついでにこのまま続行してて下さいね」

 レスターの手を動かしているのはレスターではなかった。鼻歌混じりに軽快にキーボードが叩かれ、

そしてレスターの意思通りの文面が仕上がる。

 更にレスターはいくつかの処理を施し、パチンと指を鳴らした。ハンディパソコンは消え、

レスターの手は意思を取り戻した。

「ありがとうございます、すみませんねぇ」

 またレスターが独り言を呟く。

 彼は確かに、会話していたようだ。一瞬の切り替わりの後、今度銀の青年の口から出たのは

低い艶やかな声だった。

「いい加減、物覚えも向上しろ」

「はぁーい」

 この会話を一人でしているレスターは、もし誰かが見ていたら間違いなく白い目で見られていただろう。

                              ・・・・・・・・・・・・・
 108回目の鐘が鳴り終わった。そして空ではレスターの幻術で108の魂に見せかけたものを

シャドゥラが残らず食べ尽くした所だった。

「シンシンー、そろそろ行きますよー」

 呼びかけると魔獣は空で大きく身体を伸ばして横になったままゆっくりと降りてきた。

「だらしないですねぇ、天下無敵の魔獣様のはずじゃないんですか?」

                           ・・・・・・・・
 レスターはかなり意地の悪い表情をしている。彼は魔獣の姿と飛翔能力のみ戻したと言ったのであって、

魔獣の消化機能まで戻したとは一言も言っていないのだ。

 勿論シャドゥラは知らないが、彼はこの満腹感が自分がレスターにつきすぎてなまっているからだと思った。

 だから口ではこう言っただけだった。

「うるせーッ、一休みだ、一休み!」

「しょうがないですねぇ、あと少しだけですよ」

 仕方がないなというように寛大さを装った紫の瞳が、夜の光を弾いて一際輝いた―――。







 後日……その場所――日本の2000年1月1日の朝刊は、どれも新聞で使える最大級の大きさの文字で

一斉に同じ事実を彩ることになる。

『ミレニアム最後の恐怖! 闇夜に踊る獏の謎!』

 ……1999年12月31日、除夜の鐘が鳴ると共に赤坂御所上空に現れた巨大な獏が、

108の煩悩を残らず食らい尽くしたというもので、元旦の朝からテレビは実際に撮られた映像を交えて

その話題で一色だった。

 同時にマスコミはこうも告げている。何者かがマスコミとインターネットに

『除夜の鐘と共に赤坂御所で怪現象が起こる』という予告状を出していたというものだ。

 このニュースはたちまち世界中に広まり、誰もがこぞって獏を探そうと一大社会現象にまで発展した。

 一部では、人知を超えた存在を示唆する者もいて、2000年初っ端の地球は大いに盛り上がることになる……。






「あーはははははははは!! ばっ……ばくっ!! ばくですってーッ!!

 あっはははははははははッ!! あー、おかしいっ! ばく! バク! 獏!」

「……何馬鹿みたいに同じ事繰り返してんだ?」

 別次元でこの新聞を見ていたレスターは大爆笑しつつ、

何も知らないシャドゥラに片目をつぶってみせたのだった。






『My Novels』に戻る

『悪党の巣』に戻る

『My Novels』に戻る

『悪党の巣』に戻る