物語の前に


〜魔法の読み方うんちく〜






『七獣剣物語』(に限らず私の小説全て)は当初原稿用紙に執筆していました。

よって、魔法の読み仮名などは全て手書きでセコセコ行ってきたわけですが、

今回のHP化に際し、全10章分もいちいち読み仮名配置するのは

非情に面倒くさいとの結論に達しました(笑)


元々読み仮名つける前の漢字でもスラッと読めるようになってますし、

名前なんて掛け声みたいなもんですから、そうそう重要視してません私(^^;;)

ですから、皆様も
その時々に合わせて適当に読んで下さい(爆)


『七獣剣物語』目次に戻る


一応、作中に出てきた魔法の名前は以下に読み仮名付きで解説しておきます。

せっかく一生懸命考えて書いてましたから、当時の私……(^-^;

魔 法 名
読 み 方

効  果
使 用 者 最初に使った個所
魔風斬 シェイバー 突風で斬る シザー・ハイザー 1章その2
風  壁 ブレイズ 風の結界 シザー・ハイザー 1章その2
誘風斬 バギーラ 誘導性小型鎌鼬 シザー・ハイザー 1章その2
聖魔法 オーラ 光聖獣の力を借りた治療 メ  サ 1章その3
火炎球 ファイアーボール そのまんま(笑) キマイラ 1章その3
火炎輪 ヒートリング そのまんま(笑) キマイラ 1章その3

煉獄炎

ボルガノン
火の呪文で一番強い

キマイラ

2章その1

輪撃斬

ディ・ヴォルス
暗黒獣・シェイドの片鱗を
魔法で加工したもの

呪符とか

2章その1

雷撃球

サンダーボール
そのまんま(笑)

ギルフォード

2章その2

光 明

ライト
そのまんま(笑)

メ  サ

2章その2

凍結球

フリーズボール
そのまんま(笑)

キマイラ

2章その3

氷烈弾

フリーズアロー
とがった氷の球を出す

キマイラ

2章その3

爆氷柱

ダイヤゼルス
標的を氷の柱にしてしまう

キマイラ

2章その3

浮 遊

レビテーション
浮く

キマイラ

2章その3

呪氷撃斬破

ダイナストカイザー
氷矢の雨あられ(半径任意指定)

キマイラ

2章その3

雷神弾

ライデン
稲妻の雨あられ(半径任意指定)

ギルフォード

2章その3

聖光結界

エル・オーラ
最大最強の防御結界

メサ

2章その3

強魔風

カル・ザナス
風の属性を持つ魔力強化呪文

シザー・ハイザー

2章その3

睡 風

スリープ
寝かす(笑)
(術者によって呪文が違う)

シザー・ハイザー

2章その3

移浮風

エル・ウィング
浮遊に機動性を加えたもの
(風使い専用)

シザー・ハイザー

2章その3
炎海波 バースト 周囲一面に幻影の炎を出す。
(炎剣専用)
炎剣使い 3章その2
炎連弾 ヒートボール そのまんま(笑)(炎剣専用) 炎剣使い 3章その2
火炎渦 フレア 辺り一面火の海(炎剣専用) 炎剣使い 3章その2

儚風

イリュージョン
見えなくなる(風使い専用)

シザー・ハイザー

4章その1

疾風嵐斬

トルネード
任意の場所だけギタンギタンに
切り刻む

シザー・ハイザー

4章その2

地撃

グランド・ボム
任意の場所に小爆発。地面でのみ有効

キマイラ

4章その3

地爆衝破

グランド・カイザー
辺り一面大爆発。地面のみ有効。
キマキマ専用

キマイラ

4章その3