奮起せよ! 信義なき敵を穿て!

<無双OROCHI 魔王再臨>


ATC

コーエー

PS2


難易度 キャラ イラスト グラフィック シナリオ システム セーブ・ロード 戦略性 やり込み 合計

(私的)
10 10 10 79




主な声の出演者様方(超絶順不同)
趙雲 / 諸葛亮 小野坂 昌也氏
明智光秀 緑川 光氏
周泰 / 豊臣秀吉 石川 英郎氏
織田信長 小杉 十郎太氏
夏侯惇 / 典韋 中井 和哉氏
曹丕 神奈 延年氏
伊達政宗 / 風魔小次郎 檜山 修之氏
董卓 / 呂蒙 堀 之紀氏
呂布 / 黄蓋 稲田 徹氏
真田幸村 草尾 毅氏
雑賀孫市 磯部 弘氏
武田信玄 郷里 大輔氏
前田慶次 / 佐々木小次郎 うえだゆうじ氏
本多忠勝 大塚 明夫氏
前田利家 小西 克幸氏
孫悟空 小山 力也氏
石田三成 / 柴田勝家 竹本 英史氏
 
遠呂智 / 新・遠呂智 / 長宗我部元親 置鮎 龍太郎氏
   
ナレーション 田中亮一氏




《総 評》


相変わらずごうじゃすなキャストだ……(笑)

えー、『無双OROCHI』の続編です。新しいストーリー・新しいキャラクターを加えての爽快無双アクション。

今回も超絶楽しかったですvv

ってゆーか、
人数多すぎ(^▽^;)

外伝の存在がなくなってしまったので、前回のオキニキャラを満足に均等に育てる前にクリアしてしまいましたが、

戦国・猛将伝のキャラ+新キャラを加えての豪華極まりないキャラクターが

前作キャラと一緒に大暴れかましてくれます。

今回は三国の君主達がメイン+敵の総大将である遠呂智の過去も楽しめる
ストーリーモードに加え

夢の固定3人組での組み合わせによる
ドラマティックモードや、2Pプレイで楽しめるバーサスモードなどもあり

豊富な楽しさを提供してくれています。

それに伴う新台詞の収録なんかもありますので、よくこの人数もう一度集められたなーと。

しかも前作から結構間が空いてるから、新台詞と旧収録分が混じる作品になってますので

コーエーさんの太っ腹ブリもそうですが出演役者様方の役作りに対する姿勢を改めて思い知った感じですね。

戦闘システムも『援護攻撃』や『合体技』、そして『戦術』等も加わり、パワーアップ。

グハァな欠点は、ギャラリーを集める熟練度の溜りが悪い事と、ギャラリーが前回と全く同じで悲しいのと

モリモリ出すぎな敵キャラ塗れのステージで処理落ちなスローモーションが多発する事くらいですかね。

あと、お笑い要素の多かった外伝がざっくりなくなってしまっていたので、

ストーリーモードはぽんぽんと進んでしまい、今回は一つの勢力のクリアタイムも早かった気がします。

でも相変わらず超絶楽しいアクションです。

これは一度ハマッてしまうとこれからも新作をガンガンやりたくなってしまいますね。



【各ストーリーモード一口感想&使用キャラ】


今回はプレイした順にサラッと感想等を。


魏 〜 覇王の進軍・ここに極まれり 〜

使用キャラ:曹操(速)→石田三成(速)/ジョカ(速)→夏侯惇(速)→浅井長政(力)/くのいち (力)→雑賀孫市(技)→曹丕(技)


私のオキニキャラワンツーな長政&三成が使えるのが魏というのをあらかじめ調べていたので

真っ先に魏からプレイしました(笑)

今回は曹操がメインのストーリーでしたが、新キャラのジョカが個人的に好みでなかったので(爆)

速攻サブ入りしたためか、あんまり新作っポイ感じもなくフツーにプレイしてました。

思いがけず戦闘中長政ムービーが出てきてトキメキ度上がりましたが

三成は全くといっていいほどスルーな扱いなのが悲しかったです(T_T)

ストーリー上、遠呂智編とリンク率が一番高い話だったよーな気がします。




遠呂智 〜 強き者を求め、強き者と遭い、強き者と戦う 〜

遠呂智(力)/妲己(技)→孫策(力)/董卓 (力)→前田慶次(力)


敵の大将をいきなりしょっぱなから使えるブラボーな物語。

しかもいきなりしょっぱなから慶次が参戦して、ガツガツ大暴れさせてもらいましたv

今までの全てのキャラクターを相手に攻め入る側に回った斬新な展開で、

敵側なので仲間になるキャラクターも非常に戦力に乏しいヒトが多く(爆)

孫策が加わってからようやく何とか頑張れたって感じです。





呉 〜 眠れる虎が目覚める時 〜

使用キャラ:長宗我部元親(技)→孫策(力)/周泰(速)→周瑜(技)/凌統(速)→源義経(技)


前回終盤まで使えなかった孫堅を初期キャラに迎えての孫呉チームでしたが、

結構初期人材が豊富だったので一度も引っ張り出さず……(^^;)

新キャラの義経がとにかくメッタクタ使いやすくて周瑜様のR1火計、全くといっていいほど使ってません。

孫堅はなんだかんだとストーリー中盤くらいまで攻撃に転じないので、

どちらかと言えば雑多な印象だったなーというストーリーです。




戦国 〜 戦国一の軍略ストーリー 〜

宮本武蔵(技)→真田幸村(技)/島左近(速)/関平 (力)→佐々木小次郎(技)→豊臣秀吉(技)


やっぱり前作と同じく、三国に横槍を入れるスタンスだったんですが(^▽^;)

それでも主役が左近だったからか、結構飄々とした流れで進んだような気がします。

早々と幸村が仲間になってくれたのでやりやすかったですが。





蜀 〜 レッツ・ストーキング 〜

使用キャラ:本多忠勝(力)/劉備(技)→太公望(技)/星彩(速)→趙雲(技)


えー……妲己をひたすら追っかける、ストーカー的なストーリーでした(大笑)

ウソです、えー、なかなか今回のOROCHI2という意味では王道なストーリーだったような気がします。

最初にプレイすると展開とかがすっきりわかって良いんではないかと思ってみたり。

その割りに今回プレイ順番は最後でした。理由は好きキャラが一番少なかったからです(爆)







【初使用武将の使い勝手とか】

戦国3

属性
前田利家

パワーキャラの割りに……な感じの使い勝手だった気が……(^^;)
二刀流だったのはいいんですけど、結構大振りな上にふっ飛ばし系なので
なかなかクセのあるヒトでした。
長宗我部元親

このヒトもクセがありまくりでした。
音波の塊の使い方がさっぱり判らずにテキトーフラッシュでプレイしてましたが
突進系の技とトリッキーな動きが多いので、
使いこなすのは結構大変かも……。
佐々木小次郎

武蔵同様割と使いやすかったヒト。
言動はキレてますが能力的には全体的に高めなので
各チャージ攻撃はどれもなかなかの威力と使いやすさでした。
うえだゆうじ氏の神業に近いキレッぷりがもお、
慶次と対戦してても全く全然別キャラなんで感動しまくりでしたよ、ハイ。

その他

属性
太公望

『仙術球』の有効利用が全く出来なかった(割り方が判らなかった(笑))にも関わらず
わりと扱いやすかったので楽しかったです。
個人的には言動がタカビー系なので人物としては苦手ですが。
孫悟空

『キョロキョロ』いらん(笑)(←きっと使用したヒト誰もが思ってるに違いない)
攻撃は如意棒中心なので範囲も広く、速キャラの割りに強かったので
とっても楽しくプレイできました。
筋斗雲移動がめちゃめちゃ気持ちよかったですv
源義経

今回の初使用キャラでもっとも使いやすかったヒト。
空中で敵を叩き付ける爽快感がキモチイー!って感じでした。
ビームサーベルみたいな武器でたまげましたが、
ストーリーモードでの使用頻度は多分一番高かったです。
卑弥呼

攻撃範囲が鬼のよーに広いので、ザコ殲滅には一番向いている気がします。
何で関西弁なのかが未だに納得いきませんが(^^;)