超豪華キャストによるミニゲーム

<チビキャラゲーム銀英伝>


テーブルゲーム

徳間書店

Play Station


難易度 キャラ イラスト シナリオ グラフィック 魔法 システム セーブ・ロード 戦略性 やり込み 合計
57

《総 評》

これは銀英伝知らないと全然楽しくないですよ(笑) 知ってるという前提でならかなり遊べると思います。

2枚のCDがありまして、1枚はミニゲーム集みたいな感じです。

ええと……神経衰弱とビリヤードと……ソリティアとです。あともう一個何かあったよーな……。

私神経衰弱しか出来なくて(笑)

帝国サイドと同盟サイドを最初に選択することができます。

そして帝国サイドなら同盟軍、同盟サイドなら帝国軍の人物達が相手という設定です。

神経衰弱を例にすると、帝国サイドなら一回目はバクダッシュ、同盟サイドの1回目は忘れました(笑)

2回目のオーベル閣下の方がインパクトありすぎて(^_^;)

カードも勿論銀英伝キャラです。多分ラスボス的存在がラインハルトとヤンなんでしょうけど、

私どっちも2回目までしか突破してません(ヨワヨワ)



ビリヤードはルールそのものが分からないので何とも言えませんが、

同盟サイドの1回目は確かミュラーだったよーな……。

2枚目の方にのめり込んでいたので(^^;;)



2枚目は
すごろくです。これもやはり帝国サイド、同盟サイド選べます。

下士官から始めてすごろくで進み、止まる度にクイズやゲームに勝ち進んで昇進して行きます。

勿論帝国サイドだとラインハルト、同盟サイドだとヤンが上司です(*^^*)

でもこれも銀英伝知らないと、問題すごく難しい……(^_^;)(知ってても謎の問題が多い(笑))

でも5択ですからあてずっぽでも十分いけるかな……。



このゲームの何といってものオススメは、
『ヤア』ゲームッッ!!!!!!

ええとですね、9マスある盤にランダムに帝国・同盟の人間が出てきましてね、

『やあ』と言う順番を覚えて当てるのですよ。

これがもう、
超ごうじゃすな声優さんのお陰で聞き入ってしまい翻弄されまくり!(笑)

特にオーベルシュタイン閣下が出てくると、その問題はもう解けません(爆)

(美声に聞き惚れて何もかも白くなるため(^_^;))

このゲームはクリアした階級でミニマルチエンディングにもなっています(^^)

帝国サイドでのオーベル閣下エンディングがマイツボです(笑)







【好きなキャラ】

公言通りです。同盟サイドならヤンとシェーンコップ、帝国サイドならラインハルトとミッターマイヤー♪

特に同盟サイド不敗の魔術師ことヤン・ウェンリーは、声も姿もなぁーいすフィット!で、

素晴らしいシンクロ率が味わえますよ(^^)

ちなみに閣下は美形さんではありませんので範疇外です(爆)