プレステ界不朽の名作

<Final Fantasy7>


RPG

Square

Play Station


難易度 キャラ イラスト シナリオ グラフィック 魔法 システム セーブ・ロード 戦略性 やり込み 合計
10 10 10 81

《総 評》

プレステにおける、FFシリーズのスクウェア初お目見え作品です。

とにかくもう、グラフィックの凄さに圧倒されましたね。

オープニングのムービーのあの驚きは絶対に8でしか破れないと思ってたくらい、ドエライものでした。

キャラデザインに起用された野村哲哉さんが大当たりしたのも、この作品でした。

まったくもって、彼のキャラの描き方は素晴らしいと思います。

3Dなフィールドにもたまげ、セレクトで出現する指マークのナビがないと自分の位置も分からない程の

細かすぎるダンジョンに(笑)、血沸き肉踊る
立体での戦闘!

新システムの
『マテリア』は賛否両論ありますが、まずまずといった所ですね。

あれできちんとインターナショナルに出来たような『整理整頓』が出来ればねぇ(笑)

今回は随所にミニゲーム的な要素の遊びが取り込まれていて、ついついかまけることも何度も……(笑)

中でもゴールドソーサー(特に闘技場(^^;;))とチョコボ育成はかなぁ〜り時間使いましたね……(^_^;)

これのおかげでプレイ時間99時間振り切っちゃいましたから(笑)

ちなみにコルネオイベントがなければ、クラウドを見る目はもちっと興味なさげだったでしょう (^_^;)

怒りによる『リミットブレイク』制度のおかげで、クラウド君はこれでもかっちゅーくらい

打たれ強い子になっているのではないでしょうかねぇ(笑)

常に『興奮剤』で興奮しているマイキャラってのもどうかと思いますが(笑)

反対に常に『鎮静剤』を打ち込まれていたヴィンセントは、それはそれで彼のリミット技に対する、

清らかな乙女達の拒否反応が顕著に現れていて、なかなか微妙な面白さでした(笑)

でもやっぱりキャラがここまで立っていなければ、一部のスペースに大旋風巻き起こすまでには

至らなかったでしょうねぇ(^_^;)

あと、RPG史上大革命を巻き起こした
ヒロインの扱いについてですが、

傍観者を決め込んでいますからノーコメントにさせて頂きます。m(__)m

おすすめダンジョンはラストダンジョンかな。アイテムもアビリティも豊富ですしね。

ああ、あとダンジョンじゃないですが、
ゴールドソーサーにはずっぽりハマッてました。

バスケットゲームが一番得意でしたね。反対にスノボは、未だに初心者コース最低タイムです(笑)







【好きなキャラ】

誰が何といおうと、塩沢キャラの
セフィロス!!!!

ラストがどうであれ、私は彼を発売前のキャラ設定画面から惚れ込み、

マザコン・化け物とゆー幾多の障害も何のその(笑)、味方に出来ると信じて疑わずに

彼専用の名前まで用意していたとゆーのに・・・(;_;)

いいんです。今でも彼は好きですとも。特に神羅時代の彼が好き。そして岡品様の彼が一番好き!(笑)

コンスタントにクラウドも好きですとも。ヴィンセントも好きですね。

そしてシブいオヤジこと、
シド・ハイウインド!! 『いあいぬき』の彼の槍さばきに惚れました(笑)

敵キャラでは言うと思った(笑)のルーファウス。後はタークスは結構アジがあって好きです。






【好きな魔法・召喚獣】

魔法はサンダー系を除けばフレア。あと、青魔法も好きでした。特に
マイティガードは重宝しましたね。

『メガフレア』でお馴染みのバハムートに、まさかの『改』と『零式』のいた今回の召喚獣ですが(^_^;)

(しかも『メガフレア』→『ギガフレア』→『テラフレア』だもんなぁ・・・)

オーディンは勿論ですが、今回は何といっても『禁呪』とも言うべき最大最強の、

『ナイツ・オブ・ザ・ラウンド』をイチオシです。FF7最長を誇る召喚時間に相応しい、

非道なまでの見事な叩きのめし方がもう、たまりません!(笑)かっちょよいビジュアルで、

ラスボスでさえ2ターンで葬ったこの威力! ……邪道だ……(笑)