天野喜孝氏のキャラをそのままステータス画面に再現

<Final Fantasy6>


RPG

Square

SFC


難易度 キャラ イラスト シナリオ グラフィック 魔法 システム セーブ・ロード 戦略性 やり込み 合計
10 73

《総 評》

5でハマッた私が、当然のように手を出した作品です(笑)

この頃にはもう、「Square=ハズレなし」と認識してしまっていたので、

正直かなりSquareに踊らされていたクチもあるんですが……(^_^;)

実はこの作品は、あまり好きではないです(爆)

ストーリー性に欠けたとゆーのが最も大きな原因。やはりキャラに感情移入するためには(あたしだけか!?)

その世界の事や情勢等はきちんと理解できるような話が良かったなぁと……。

私のオバカなおつむでは、今一つよく分からないストーリーでした……。今となれば大分理解できてますが(笑)

でも、ストーリーは置いておいても、相変わらずのグラフィックに自由度の高さが凄くて、

やっぱりやり込んでましたね。特にグラフィックは、SFCの限界超えてんじゃないかってくらい綺麗で、

凄く感動したのを覚えています。

各キャラ固有に得意技のようなものが出来たのは、より個性を出すためにはとてもよかったと思います。

ええ、マッシュの技さえ出れば(笑)

あと、この6にはもう一つ私をガッチリ掴んで離さない存在が……(笑)

そう、
闘技場ですッ!

交換アイテムの変移、全部ノートしましたもん(笑) もう、楽しゅうて楽しゅうて……(笑)

ラストダンジョン前のプレイが異常に長いことで有名な綾野ですが(笑)、

これはほぼ闘技場に時間を注ぎ込んでましたね。文句無しにお勧めのダンジョン(?)です♪






【好きなキャラ】

主要キャラが結構いたので、皆様ごひいきのキャラもかなりワレるのではなかろーかと思うのですが。

長髪美形フェチのワタクシといたしましては(笑)即決でエドガーを……取りませんでした(爆)

自由なる空の船長、
セッツァー様よっっ!!(笑)(いや、エドガーも好きだけどね♪)

彼のカード技が如何にヘナチョコ(禁句)でも常にパーティーに据え付け、

扱いづらさは魔法係という役割でカヴァー(殆どキャラの特徴活かしとらん(^_^;))。

相棒とのサブイベントで私を転ばせてくださった、恐るべきキャラです(笑)

敵キャラは・・・うーん、別にいませんねー。ケフカさんはモロに前回のギルガメッチュもどきだったから、

どうも二番煎じに思えて仕方なくて、好きになれませんでした。

敢えて言うなら、テュポーンかな(笑)






【好きな魔法・召喚獣】

シリーズ中、一番召喚獣が多いのではないでしょうか。

そのわりにはあんまし凄くないのも混じっててトホホなんですが(笑)

そうですねぇ。正直昔過ぎてあんまり覚えてないんですが(笑)バハムートは好きでした。

魔法ならやっぱりサンダー系は外せません。そして8ではすっかりおなじみのアルテマも、

6で登場して爆発的な恐ろしい威力を示してくれました。

更に8では便利だったメルトンは『メガンテ』的な要素を備えて6におりました(笑)