S・RPGの醍醐味

<ファイアーエムブレム−暗黒竜と光の剣−


S・RPG

任天堂

SFC


難易度 キャラ イラスト シナリオ グラフィック 魔法 システム セーブ・ロード 戦略性 やり込み 合計
10 10 10 10 81

《総 評》

私をS・RPGの世界に引きずり込んだ、難易度bPの本格ファンタジーS・RPG

これなくしてS・RPGは語れません。

ストーリーは至ってありがちです。(爆)アリティアの王子マルスが祖国奪回の戦いを繰り広げて行く、

アルスラーンのよーな物語です。(笑)

ファミコンで発売されていたものを第一部に、SFCになって新しく加わったその後の戦いを

第二部に加えています。

キャラはとってもラヴリーですが、システムは恐ろしくハードです。

死んだキャラは二度と生き返りません。

完全1ターン制(自軍と敵軍のターンがきっちし分かれている)のため、

次のターンの事を考えて行動しないとヒドイ目にあいますし、

相手のHP・防御力・反撃力を見て勝負を挑まないと、単なる負け戦になります。(^_^;)

おまけに自軍の各キャラの移動力も考えて最初の布陣を整え、適所適所に適材を送らねばなりません。

リセットが心の友となります(笑)

それでもこのゲームはいい出来です。やりごたえ十分です。

しかも第二部ではドーピング可能ですから(笑)無敵の集団を使って第一部のイライラ感を

一気に解消することが出来ます♪






【好きなキャラ】

このゲームはとにかくゲットモード(オイオイ……(^-^;)キャラが多いです。

その中でも、アリティア軍屈指の傭兵コンビ、絶対無敵の最強コンビである

オグマ&ナバールを外すことは出来ません。この二人は第一・二部通して、永遠のセットコンビです♪

オグマは主人公が落ちのびていた国で傭兵隊長をしていた人です。

年齢は20代後半から30代前半くらい。頬に傷のある亜麻色のオールバックの超美形です!

主人公マルスの性格に興味を持ち、そのまま解放軍に加わります。

比較的序盤で登場するため、ラストまでオール出演の年中無休ローソン状態が続きます。

もう一人のナバールは流れ者の傭兵です。年齢は20代半ば。オグマより年下ですね。

こげ茶色のロングヘアーを翻し、『女性を斬る剣は持たない』とか『この剣に斬れぬものはない』とか、

まるで某五右衛門様のよーなセリフの多い(笑)、クールビューティー♪

オグマとは積年のライヴァルでもあります。愛用のキルソード片手に流れの旅をしていたところで、

これまたマルスの性格に興味を持ち、仲間になります。

つまり本作品におけるマルスは『エサ』のよーなもんです(笑)

他にもアリティア宮廷騎士団でマルスのお付きであるソシアルナイトのアベルとカインの名コンビ、

アカネイア一のスナイパー・ジョルジュ、変身能力を持つ竜族のチェイニーとか、

とにかくもう、紹介しきれないほど沢山魅力溢れる人物がポコポコ登場します。

敵国では、聡明な軍師でもあり有名な将軍でもあるグルニア国の黒騎士カミュとか、

マケドニアの飛竜軍を率いる竜騎士の覇王・ミシェイルとか、とにかくイイ男ずくめっ!(笑)

結局私、それしか目がいってないのね(^_^;)






【好きな魔法】

風系統は好きですね。魔法を使える魔道士マリクの最強魔法である
エクスカリバーとかは、

かなりじゃんじゃん使ってました。後はやっぱりここでもサンダー系。

でも今回は魔法はあんまり使ってませんね。私は
S・RPGでは主に弓を使う方なので……。

シスターの回復杖では、どれだけ離れていても仲間を回復できる
リブローの杖を重宝してました。