王家の紋章

細川智栄子 著・秋田書店愛蔵版・1〜14巻
王家の紋章愛蔵版 2巻
カット左・イズミル王子 右・キャロル



<あらすじ>

……私、いつの生まれなんでしょう(^_^;)

これはあまりにも有名な
大河ファンタジー。現代人である主人公キャロルが

古代エジプトに辿り着くところから始まる、

スケール大きすぎの歴史マンガ(とゆーのだろうか……?)+ラヴラヴマンガ(笑)です。

エジプトの考古学を学んでいる主人公キャロルがナイル河に落ちて

古代エジプトにタイムスリップしてしまいます。

(以後キャロルは実に都合良く古代と現代をタイムスリップするのですけど(笑))

エジプトの王メンフィスはキャロルの黄金の髪と現代人としての知識に惚れ、

彼女をお妃にしようとします。最初は嫌がっていたキャロルもだんだんメンフィスとラヴラヴになり、

ついに二人は結婚します。

が、ホントに色んな男性がキャロルをさらいます。エジプトの敵国ヒッタイトのイズミル王子を筆頭に、

キャロルを自分のものにという人が争ってキャロルを取合い、メンフィスにも実の姉のアイシスを始めとして

様々な人がいいよってきます。

原作はまだ終了してません。絵柄は素晴らしくキラキラしていますが、

細かい描き込みと独特なペンタッチで古代の世界観を表現してらっしゃいます




まずはとにかく、一読下さいませ♪




<おすすめキャラ>

モロ塩沢さんキャラのヒッタイト国王子イズミル

英知の誉れ高い、白銀長髪の超美形です。

ドラマCDではホントに塩沢さんが演じてらしてびっくりですが(笑)

賢い人です。キャロルの次に賢いかもしれない(笑)。

そして物凄い情熱家で、一旦決めた事は絶対に実行し、何が何でも自分の気が済むまで確かめる主義。

エジプトの王メンフィスが燃え盛る業火だとしたら、イズミルはガスバーナーの青い炎のよーな人です(笑)

他にはエジプトの将軍ミヌーエとか、イズミル王子の腹心のルカとか好きです。

キャロルのお兄さんのライアンも好きですね♪